マイカーローンの審査基準はどうなっているか

ローンといった商品を利用するためには、当然ながら申し込みをして審査に通り、契約をしなければなりません。申し込みをしたからと言って必ず利用ができるわけではなく、ローンを提供する会社の基準を満たせなければ、マイカーローンの利用はできません。

 

利用条件は各社のローン紹介ページに書かれていますが、条件を満たしている=借りられるではないのが厄介です。利用条件はあくまで最低限の申し込み条件に過ぎず、その後の審査基準に関してはどのローン会社も明らかにしていません。

 

多くは安定した収入があり、他社でのローン利用もほとんどなく、過去に金融トラブルを起こしていなければ利用ができるようになっていますが、それぞれの項目には注意点もあります。マイカーローンの審査は消費者金融で借りるキャッシングローンのように手軽なものではないので、よく考えてから手続きを行うようにしてください。

 

審査に関しての基本中の基本や、マイカーローンにおける注意点を知りたい方はまずはマイカーローン審査も見ておくと知識が深まります。

 

 

マイカーローンと年収

マイカーローンを組めるかどうかを不安にしている人の割合は増えています。一昔前と違い、今は普通に生活しているつもりの人が審査に落ちるケースもあります。マイカーローンの審査と年収には重要な関連性があります。

 

もちろん年収が高い方が低いよりも有利です。しかし、重要なのは今の年収でマイカーローンが組めるのか、組めるとしたらいくらまで可能なのか、ではないでしょうか。毎年返済する金額が、年収の35%以内に収まるというのが、マイカーローンで組める金額の目安となります。

 

マイカーローンの返済比率

年収の中で、マイカーローンや住宅ローンの返済に充てているお金の比率を返済比率と言います。年収300万円で、毎月5万円のローン返済を行っている場合、1年での返済額は60万円なので、返済比率は20%となります。

 

返済比率でみるのは年収と返済額の関連なので、総額いくら借りているのかは、直接関係ありません。例えば100万円のマイカーローンで3年ローンを組むよりも、120万円のマイカーローンで5年ローンを組んだ方が、毎月の返済は少なくなります。よって返済比率で言うならば、120万円のマイカーローンの方が審査には通りやすいといえます。

 

いくら借りられるのかを考えてみる

マイカーローンでいくら借りられるのかを知りたいなら、実際に調べてみるのがよいでしょう。自分の年収から、返済比率の上限目安の35%をかければ、年間に返済に回せる金額がでます。後は毎月の返済額を算出して、いくらまでローンが組めるのか考えます。

 

一例として、年収が400万円の場合で考えています。返済比率35%で考えると、年間の返済に回せるお金は140万円です。毎月11万円程度までを目安に、ローンを組んでいきます。

 

金利7.0%のマイカーローンで300万円借りても、36回払いでも返済額は毎月92,631円となり、借入れ可能と判断できます。

 

他のローンがある時には注意

返済総額の年収に対する目安は35%ですが、マイカーローンを組む金融会社によっても違いはありますし、どちらにせよ審査に通らなければマイカーローンを組めない点には注意が必要です。

 

特に現在カードローンやクレジットを利用している人や、住宅ローンを組んでいる人、組もうとしている人は、さらに注意が必要です。年収の35%をマイカーローンの返済に充てている人は極々少数派です。普通は住宅ローンなどの返済も含めて、年収の35%よりも抑えるように家計を考えます。

 

現在カードローンやクレジット契約を結んでいる人は、その限度額や返済状況なども含めて審査されるので、残債があれば整理、使っていないカードがあれば解約した方がいいでしょう。

 

マイカーローンの申し込み前には様々な抑えておくべき点があるので、審査の基準や注意点だけでなくマイカーローン口コミも参考に見ておくと良いのです。