審査に落ちてしまう理由

マイカーローンの審査に落ちてしまうのには何か理由があります。まずは年収からチェックしてみましょう。マイカーローンを組むのに必要な年収については、はっきりとした規定があるわけではありません。しかし、目安として年収200万円に満たない場合には、審査に通るのは難しいと言われています。

 

また、雇用形態も重要なポイントです。公務員、正社員、であれば問題ありませんが、派遣社員やフリーターだと不利になります。また、自営業の場合も、収入が多くても審査には不利に働きます。収入が多い点よりも、安定している点が重視されているためです。そのため勤続年数も重視され、1年以上は同じ会社に勤めていないと厳しくなります。他にも、固定電話があるかどうか、持ち家か借家かも判断基準となります。

 

審査において最も重要と言えるのが信用情報です。そもそも審査は、その人にきちんと返済能力があるかどうかを調べるために行います。しかし、年齢や年収だけでは、その人がお金の管理をしっかりとできるかどうかはわかりません。そこで審査時には、過去の他社を含めたお金の借入れや返済などの履歴を調べます。

 

過去にクレジットや分割支払い、ローンなどの支払い遅れがある場合、すでにたくさんのローンを組んでいる場合、申込み時の申告に嘘があった場合などは、厳しくなります。

 

その他には中古車の場合にはマイカーローン審査が厳しくなる傾向があります。販売店で中古車ローンを組むと金利も高くなってしまいますので、低金利で中古車をローンで買うなら中古車マイカーローンの仮審査を金融機関で受けるようにしてください。